連休に38.5度の熱が出て当番医に行きました

高校生の息子は連休の中日に38.5度の熱が出てしまいました。翌朝も熱は下がらずネットで当番医を探し、初めて行く開業医へ行きました。
病院はマスクをした病人でごった返しており、並んで受付出来たのは10時半で76番目でした。「自宅に一旦帰るとして何時頃に来れば良いでしょうか?」と受付の人にたずねると「数時間はかかると思います。電話して診察状況を確認して下さい」とパニック気味に話してくれました。受付台の上は初診の人の保険証だらけで番号と保険証がクリップで留められ山積みです。逃げるように車に戻りどうしたものかと考えました。この病院と自宅は車で30分はかかります。帰って戻って来れば1時間です。悩んでいると焦れた様に息子が「帰る、家で寝てる」と言うので帰路につきました。
家に帰り、氷枕で頭を冷やしながら時間を潰しました。昼前に電話をしたら診察番号は40番でした。14時に電話したら50番代でした。もしかして今日中に診て貰えるのかと不安になりました。16時に病院に行き診て貰えたのは18時半でした。実に8時間待ちでした。息子はインフルエンザB型で学校は出停になりました。
学校に電話したところ治癒証明書が必要だと言われ日数を数えるとまた混みそうな土曜日に治癒証明を貰いに行く事になります。もうあんな混んでいる病院に行きたくありません。治癒証明書を何時間並べば貰えるのか、並んでいるうちに他の病気を貰いそうで考えただけで憂鬱です。ミュゼ 6月