インターネットとプレゼンテーションのこと

インターネットを利用すると、世界中で公開されているWebページからさまざまな情報を得ることができます。しかし便利な反面、情報源に対して信ぴょう性が評価しにくいという側面もあります。発信元によっては、Webページなどで得た情報をそのまま信用せずに、他の情報と比較するなどして、正しい情報かどうかを分析することが大切です。また、多くの場合有料でありますが、商用データベースや新聞記事データベースを利用すると、パソコンからインターネット経由で多くの情報を引き出すことができます。収集した情報と分析結果をもとに、発表内容を整理しストーリーを考えます。プレゼンテーションにおいては、「序論(目的・テーマ)」、「本論(テーマの詳細)」、「結論(内容のまとめ)」の三段構成で展開するのが一般的です。大筋のストーリーが決まったら、詳細の項目をあげ、関連する項目どうしをグループ分けし、発表内容を整理します。整理した内容をもとに、プログラムシートやストーリー構成表を作成して活用すると、効率的に作業が行えます。知らなかったことを学べて良かったです。脱毛ラボ vio